鍼灸治療の勉強会

 

家族の中でうつ病に罹ってしまったら・・・どのように対応をしたらよいか。

今回は、うつ病患者の家族についてです。

 

うつ病の人にとって、家族の支えはとても心強いものです。

家族の方は病気について正しく理解し、患者さんが治療に専念できる環境を整えてあげたいですね。

 

≪様子がおかしい時はためらわず、まず相談を≫

うつ病の患者さんは、きまじめで我慢強い性格の人が多いです。

 

つらい気持ちをなかなか出さない傾向があり、周囲の人は病気と気づきにくいものです。いらいらして怒りっぽくなり、無気力でぼんやりしているといった変化がみられても、一時的な落ち込みや疲労なのだろうと考え、見過ごしてしまいのす。しかし、うつ病の場合、放置しておけば症状を悪化させ、自殺に追い込む結果にもなりかねません。

 

うつ病の大半は、治療をすれば回復する病気です。少しでも早くこころの異常に気付いて、治療を開始するために、家族をはじめ身近にいる人は、病気のサインを察知することが大切です。

 

うつ病かどうかを判断する大事なチェックポイントの一つは、食欲と睡眠です。「あまり食べたくない」と食事の量が減ってきたり、「朝早く目が覚めてしまうが、気分が重くてなかなか起きられない」「だるくて会社に行きたくない」といった訴えが続くときは注意が必要です。

 

ほかにも「仕事がはかどらない」「だれにも会いたくない」などともらす、好きなことにも関心や興味を示さなくなり、口数が減ってきた、不安そうで落ち着きがない場合も、うつ病の可能性があります。

 

いずれにしても、日常生活をともにする家族の行動や様子が、いつもと違ってきたと感じたら、相談しましょう。

病気を正しく診断するためには、患者さんの様子について、家族から具体的な情報を得ることがとても重要です。

 

診察の際には家族の方もできるだけ同席し、一緒に生活をしている観点から患者さんの変化を伝えて下さい。

同時に、うつ病という病気の性質や治療法、対処法などについて十分に理解することが大切です。

 

≪うつ病の方への励ましや力づけは禁物≫

気分が落ち込んで元気のない人や、悩んでいる人には、「頑張って」「しっかりして」と声をかけたくなるものです。また、仕事や家事が億劫がったり、家の中で無気力に過ごしている様子をみると、責めたくなるかもしれません。

 

しかし、うつ病の方に対して、批判めいた言葉をかけることはもちろんですが、不用意な励ましや力づけもしないでください。

 

「頑張れ」といった直接的な表現に注意するだけでなく、本人の前で無理に明るくふるまい、他人の喜ばしい話を聞かせることも避けましょう。

 

うつ病の方は「もっとしっかりしなくてはいけない」と思いながら、どうにもできない自分にもどかしさを感じていることが少なくありません。

 

「早くよくなってほしい」という願いから、つい励ましたく家族の気持ちも分かりますが、ただでさえ焦っているところに叱咤激励の言葉をかけることは、うつ病の方の精神的負担を大きくなります。

 

治療が長引いてくると、苦痛やいらだちから「ちっとも治らない」「治療が間違っているのではないか」と不安を言ったり、医師や家族を非難する方もいます。そんな場合でも、本人の言葉を否定せずに共感し、ひたすら聞き役に徹し、すべてを受け止められるように、あたたかい態度で接することを心がけましょう。

 

家にこもりがちな方に、気晴らしをさせようと散歩をすすめたり、旅行に連れだしたりすることも禁物です。うつ病の方の心身の疲労がかえって増すだけです。

 

自分から「どこに出かけてみよう」「何かやってみよう」という気持ちになるまで、無理強いせずに、辛抱強く見守ってあげてください。

 

轟はり灸治療院は鍼灸治療と心理療法の両面から治療を行っております。

お気軽にご相談ください。