自律神経には交感神経と副交感神経があります。

この2つの神経が状況に応じて調節し合いながら、体のバランスを保っています。

 

≪神経には、体性神経と自律神経がある≫

自律神経のバランスの乱れが原因でさまざまな症状が起こると説明してきましたが、では自律神経とはどのような神経なのでしょう。

 私たちの体には、いたるところに神経が張りめぐらされていて、脳からの指令を各器官に伝達しています。

 

その神経は、「体性神経」と「自律神経」の2つの系路に分かれています。

 

 

 

≪知覚や運動をつかさどる体性神経≫

体性神経は、刺激や知覚を脳に伝える機能と、それに反応して手や足、口など体の各部分を動かす機能を持っています。

 

暑い、寒い、痛いなどの知覚や、食べる、見る、聞く、話す、歩く、座るなどの行為は体性神経がつかさどっています。

 

自分の意思で動かすことができる神経で、動物的な機能を支配していることから、動物系神経ともいわれます。

 

 

≪生命を支える自律神経≫

自律神経の方は、自分の意思とは無関係に、自動的に刺激や情報に反応して、体の機能をコントロールしています。

 たとえば、スポーツなどで体を動かすと心臓の拍動が速くなりますが、これは運動によって筋肉が多量の酸素を消費したことに自律神経が反応して、その分の酸素を筋肉に運ぶために拍動を速くさせているのです。

 

 

 また、暑い時は体から汗が流れ、寒い時は鳥肌が立ったり体が震えたりしますが、これも体温を調節するために自律神経が働いた結果起こる現象です。

 つまり、自律神経はそのときどきの状況にうまく体の内部からと外部からの情報や刺激に対して自動的に作動するわけです。

 

呼吸や心臓拍動、食べたものの消化、体温調節など、生命を維持するために必要な根源的な働きをつかさどっていることから、植物系神経ともいわれています。

 

 

 

☆ここがポイント

≪体性神経と自律神経の働き≫

「食べる」という行為は体性神経によるものです。食べたものを消化・吸収するために胃腸が活動するのは、自律神経の働きによるものです。

 

 また、器官によっては体性神経と自律神経の両方の支配を受けているものもあります。

たとえば、呼吸は睡眠中でも無意識に続けられていますが、これは自律神経の働きによるものです。

 

起きている時は、深呼吸をしたり意識的に呼吸を止めることもできますが、これは体性神経の作用です。

 

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

この2つの神経が状況に応じて調節し合いながら、体のバランスを保っています。

 

≪自律神経には、精神的な刺激にも反応する≫

自律神経は、運動や気温などの物理的な刺激にだけ反応するのではなく、精神的な刺激にも反応します。

 

たとえば、急に驚いたときは心臓がドキッとします。スピーチの前などにも緊張して拍動が速くなりますが、これも自律神経の働きによるものです。

 

自律神経はすべての動物が持っている神経ですが、感情を持つ高等動物になるほど、その重要度は高まります。

この自律神経が正常に機能しないと、そのときそのときの状況に対して心身が適切に反応できなくなり、健康を保つことができなくなってしまいます。

 

 

 

≪自律神経には「交感神経」と「副交感神経」がある≫

体の各器官をコントロールしている自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」に分けられます。

この2つの神経は同一の器官に対して、通常は対照的な作用をしており、体の状況に応じて自動的に調節し合っています。

 

運動をしている時は、自律神経の働きによって心臓の拍動が速くなると交感神経が興奮して速くなるのです。

運動をやめると、今度は副交感神経が働いて心臓の拍動を抑えようとします。

 

 

交感神経は主に体が活動しやすいように働き、副交感神経は逆に内臓や器官をリラックスさせて、エネルギーを保存する働きをしています。

 

 

 

☆ここがポイント

≪病気の予防や治癒にも、自律神経がかかわっている≫

自律神経は、病気を予防したり、治したりするときにも大きな働きをします。

細菌やビールスが体内に入ってくると、自律神経が反応して免疫系に働きかけ、白血球の増加を促し、体に抵抗力をつけて感染を防ごうとします。

 

熱があるときは、気温に関係なく発汗を促し、熱を下げる働きをします。

 

 

 

 

 

自律神経には交感神経と副交感神経があります。この2つの神経が状況に応じて調節し合いながら、体のバランスを保っています。

 

 

 

≪緊張すると交感神経が働き、その後、副交感神経に切り替わる≫

恐怖や驚きなどで緊張した時や、心配事や不安があるときに働くのは交感神経です。

心臓が高鳴り、顔色が青ざめ、鳥肌が立つものすべて交感神経の働きによるものです。

反対に緊張から解き放たれたときに働くのが、副交感神経で、体だけでなく心を休ませる作用もあります。

 

 よく「心配で食事がのどを通らない」といいますが、これは交感神経が興奮しているからです。

 

交感神経には胃や腸の働きを抑える作用があるため、緊張や不安で交感神経が興奮している間は食欲が抑制されてしまいます。

心配事が解消されると、代わって副交感神経が働き、胃腸の運動が促進されるので、食欲がわいてきます。

 

 

 

≪両方がバランスよく働けば自律神経失調症にはならない≫

このように、自律神経は体の内外の刺激や環境の変化に自動的に反応しています。交感神経と副交感神経が、お互いに働いたり休んだりして、バランスよく機能し合っていれば、毎日を快適に過ごすことができます。

 

それがなんらかの事情で、一方だけが働き続けるようなことになると、やがて自律神経失調症を招くことになります。

 

 

 

☆ここがポイント

≪感情と自律神経の関係≫
感情の変化 自律神経の反応
平静・休息 交感神経と副交感神経がバランスよく働く
驚き・突然の恐怖・激怒 交感神経が極度に興奮する
持続的な不安・緊張・怒り・興奮 交感神経と副交感神経がバラバラに興奮する
失望・悲しみ・疲労・抑うつ・疲幣状態 交感神経、副交感神経ともに働きが抑制される