2021年1月24日(日)に東京大学医学部で行われている心療内科心身医学セミナーに参加いたしました。

今回は、コロナの影響もありオンラインでの開催となりました。

テーマは「心療内科が専門とする、身体疾患に影響を与えるストレスの評価法とアプローチとは?」です。

 

1限 心療内科とは?

         ストレスと心理療法を専門とする
     (心身症・生活習慣病から緩和ケア領域まで)

 

2限 コンサルテーション・リエゾン
   (サイコオンコロジー含む)

 

3限 心療内科における病態評価

 

4限 事例検討(1)

          診断:過敏性腸症候群(下痢型)

 

5限 OBによる活動紹介
   (産業医、総合診療医、小児科医)

 

7限 心療内科で用いる代表的な治療
   (1)CBT(マインドフルネス含む)

 

8限 心療内科で用いる代表的な治療
  (2)リラクセーション・CALM

 

9限 摂食障害
  (CBT-Eを含む)

 

10限 肥満症・糖尿病
  (CBT-OBを含む)

 

11限 心療内科で用いる代表的な治療
  (3)交流分析

 

12限 事例検討(2)

         主訴:低体重

 

13限 当科の取り組み、研究

心療内科で行われている治療として、薬物療法だけではなく心理療法も組み込みながら症状の改善を求めいくことの大切さが考えられていく。

 

東京大学医学部所属病院 心療内科HP