女性の場合、妊娠や出産、閉経などがうつ病のきっかけとなるほか、社会進出にともなう心理的・社会的ストレスが、うつ病を引き起こすケースも少なくないようです。

 

 

≪生殖機能やストレスが女性のうつの主因≫

女性に特有の月経、妊娠や出産といった生殖機能が誘因となって、こころの変調を招くことがあります。

女性の生殖機能にかかわるエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは、心身の両面に大きな影響をおよぼします。

たとえば、月経が始まる数日前は憂うつになったり、いらいらしやすいものです。

こうしたケースは、頭重や全身倦怠感、むくみなどの身体症状を含めて月経前症候群(月経前緊張症)とよばれます。

妊娠や出産、閉経の際は女性ホルモンの分泌バランスがくずれるため、とくにうつ病があらわれやすくなるのです。

生理的な要因に加えて、女性のおかれた社会的な立場も、うつ病の発症に深くかかわっています。

積極的な社会進出にともなって、女性の価値観や生き方は多様化してきたといわれますが、実際のところ、結婚や出産後に仕事を続けることは容易ではありません。

仕事も家事も完璧にこなそうとして心身に疲労がたまり、うつ状態におちいる「スーパーウーマン・シンドローム」は、こうした現実をよくあらわしているのではないでしょうか。

 

 

≪コラム:摂食障害とうつ≫

摂食障害は、精神的ストレスによって「食行動」に変調をきたすケースで、神経性無食欲症(拒食症)と神経性大食症(過食症)に大別されます。

どちらも女性が大半を占め、発症のピークは10歳代後半から20歳前半にかけてといわれています。

 

太ることをおそれて節食、減食をつづけるうちに食事をとることが出来なくなり、極端に痩せてしますケースが拒食症です。

一方の過食症は、度をこした量の食物を無心に食べきり、そのあげく下剤を飲んだり、意欲的に吐いて排出してしまいます。

これは不安やいらだちの代償行為と考えられてます。大きな自己嫌悪がともなうため、繰り返しているうち、うつ状態におちいるケースが少なくありません。

 

 

千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では、 心療内科の治療も行っています。

どうぞお気軽にご相談ください。