老年期のうつ病は、心身の老化にともなっておこる病気と絡み合い、さまざまな症状を招きます。

うつ病に起因して「物忘れ」が生じやすいため、認知症との判別が重要となります。

 

≪老化や喪失体験が主因となる老年期のうつ≫

「こころは生涯にわたって成長し続ける」という考えに立ってみると、老年期は、それまでの人生経験を糧に、円熟を迎える時期といえるでしょう。

 

同時に、どんなに健康な人でも、60歳を過ぎる頃になれば心身両面に「老化」があらわれてくるものです。

体力は失われ、視覚や聴覚などの感覚機能もしだいに衰えてきます。

からだの予備能力や免疫力も低下して、さまざまな病気を引き起こしやすくなります。

脳の老化によって、精神面でも加齢による変化がおこります。

ストレス耐性(ストレスに対する抵抗力)が弱まり、ささいなきっかけで精神的なバランスが崩れるため、こころの変調を招きかねないのです。

 

老年期には、うつ病の誘因になりやすい大きなライフイベントが訪れます。

たいていは仕事の第一線を退き、社会的地位や経済的な基盤が失われるため、深い喪失感を抱くことになります。

近親者との死別を体験すれば、孤独感が増し、自らの病気や死に対する不安も強まるでしょう。

 

老年期は、心身の変化やさまざまな喪失体験をきっかけとして、うつ病を発症しやすい時期といえるのです。

≪老年期のうつ病は認知症と混同されやすい≫

高齢者がうつ病になると、物忘れが目立つ、自分の居場所や日時がふとあやしくなる、ぼんやりとして反応が鈍いといった、認知症によく似た症状があらわれるケースが少なくありません。

 

こうした状態は「仮性認知症」あるいは「偽認知症」とよばれます。仮性認知症はアルツハイマー病脳血管疾患による認知症のように進行することはなく、うつ病が回復すれば治ります。

 

また、老年期のうつ病では、抑うつ気分はあまり目立たず、あせりや不安感、イライラ感が生じやすいものです。

強い不安が行動にあらわれて、そわそわと落ち着きがなく、じっと座っていることができずに歩き回ったり、衣服や頭髪を意味もなく、絶えず引っ張る人もいます。不安を伴う落ち着きのなさが顕著になるケースは「激越うつ病」とよばれます。このほか、物事に対して興味を失い、悲観的に考えやすくなる点も特徴的です。

 

よくあらわれる症状の1つに、妄想があげられます。実際には経済的な心配などないのに「自分は貧乏で、着る服もない」と思い込む、検査で異常なしと診断されても「不治の病にかかり、もう助からない」と決めつける、過去の小さな過ちを悔やんで自分を過度に責めるといったケースがあります。

自分のからだ、そして周囲のひとやものの存在に至るまで、あらゆる事象を否定する妄想を抱く「コタール症候群」におちいる人もいます。

 

千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では、 心療内科の治療も行っています。

どうぞお気軽にご相談ください。