うつ病の人には共通してみられる性格傾向があるといわれます。

ただし、そのせい九九の人が必ずうつ病になるわけではなく、あくまでも要因の一つとして考えられているのです。

≪うつ病は「几帳面」「完璧主義」の人に多い?≫

うつ病、あるいは躁うつ病の人が、発病前の性格(病前性格)に共通の特徴をもっていることは、古くから指摘されています。

なかでも、「循環気質」「執着性格」「メランコリー親和型性格」の3つは、現在でも臨床の現場で診断の参考になることがあります。

「循環気質」は、ドイツの精神医学者・クレッチマーが1921年、躁うつ病にみられる特徴として提唱したものです。

社交的で親切、親しみやすいという基盤があり、さらに活動的でユーモアに富み、熱しやすいといった躁的な傾向と、もの静かで気弱、寂しがり屋な抑うつ傾向を併せ持つとしています。

 

躁相とうつ相を周期的に揺れ動くところから、「循環」と名付けられました。

 

2つ目の「執着性格」は、日本の精神医学者・下田光造が32年に提唱した躁うつ病にみられる傾向で、几帳面、きまじめ、責任感や正義感が強い、凝り性、仕事熱心といった特徴をあげています。

執着性格の人は、ごまかしや大ざっぱなことが嫌いで、なにごとも徹底的なやらなければ気がすみません。

 

3つ目の「メランコリー親和型性格」は、ドイツの精神医学者・テレンバッハが61年、うつ病にかかわる病前性格として唱えたもので、保守的で、秩序やルールに忠実な点が大きな特徴とされています。

また、他人に対して献身的で、人に頼まれるとイヤと言えず、相手と対立するような場面では、自分から折れる傾向があります。

几帳面、律儀、綿密、責任感が強い、仕事好きといった点もあげられていて、「執着性格」と多くの共通点が見られます。

 

 

≪好ましいとされる性格が裏目に?!≫

まじめ、責任感が強い、完璧主義、仕事熱心といった性格的特徴は、どれも一般的には好ましいタイプとされ、周囲の人たちの信頼も厚く、社会的にプラスの評価を受けるものです。

「日本人によくいるタイプだな」と思われる方も多いのではないでしょうか。

まじめにこつこつと働き、周りの人に細かな気配りをする姿勢は、長い間、日本人の美徳とされてきました。

しかし、ストレス過多の現代社会にあっては、その長所が逆にうつ病を招く要因の一つとなっているわけです。

まじめで律儀、完璧主義、迎合しやすい…。

これらの特徴は、融通がきかない、がんこ、自己主張ができない、人の目を気にしすぎるといったマイナスの側面ももち併せています。

たとえば、「循環気質」の人は他人に同調する傾向が強いため、周りの人に振り回されたり、大事な選択を迫られる場面で板挟みになることが多く、躁うつ病におちいりやすいわけです。

「執着性格」の傾向を持つ人は、責任感が強く仕事熱心なあまり、つい無理を重ねがちです。

働き過ぎだとわかっていてもうまく休むことができないため、自分でも気が付かないうちに疲労困憊し、躁うつ病におちいるケースが多いといわれています。

「メランコリー親和型性格」の傾向がある人は、一定の秩序やリズムが乱される状態でうつ病を生じやすいと考えられています。

仕事においては、量も質も完璧にこなそうと努め、さらには周囲に合わせようとするあまり、自分のペースが乱れてストレスが蓄積されてしまいます。

「柔軟性に欠け、手を抜けない」ことが、うつ病の引き金になるといってもよいでしょう。

 

≪性格と環境の相互作用で発症する≫

うつ病になりやすい性格傾向をもつ人は、ものごとのとらえ方や考え方に共通したパターンがみられるようです。

1970年代に認知療法を創始したアメリカの精神科医・ベックは、うつ病にかかりやすい人が「自分自身、世界、将来」の3つに対して」否定的なとらえ方をする点をあげています。

たとえば、たった一つの失敗で「おれはだめな人間だ」と自分自身を責め、「まわりの人から嫌われているのではないか」と周囲の評価にもこだわります。

そして、「自分の人生には、この先もいいことなどあるはずがない」と、将来に対して希望がもてなくなります。

いったん気持ちが沈み込むと、ものごとを悲観的にとらえるようになり、ますます気持ちがふさぐという悪循環におちいってしまうのです。

うつ病の発症に性格が影響していることは否定できません。

ただし、それはあくまでもさまざまな誘因の一つに過ぎないのです。

現代人には「役割意識」「自己規範」という強迫がついてまわっているのではないでしょうか。

まじめな人ほど「こうでなくてはならない」という強迫が強く、それがうつ病発症の大きな要因になっていることは否めません。

また、個人ではなく、たとえば企業がきわめて「執着気質」となっているのではないかという指摘もあります。

うつ病の増加には、そうしたことが大きく影響していると考えられます。

 

 

千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では、 心療内科の治療も行っています。

どうぞお気軽にご相談ください。