うつ病は、生活環境の変化、精神的ストレス、性格を含めた遺伝的要因、脳内機能の変調など、さまざまな要因が絡み合って発症すると考えられています。

 

≪生活や環境の変化をきっかけに発症≫

それまで当たり前のものとして送ってきた生活が、ある出来事をきっかけに大きく変化したとき、私たちのこころは不安定な状態になります。

 

たとえば、近親者の死に直面すれば、悲嘆にくれて、しばらくは気持ちがふさぎ込んでしまうでしょう。

家庭や職場でトラブルが起これば、ときに憤り、イライラ感がつのります。失職や転職、家族の病気などによって、将来の生活に不安を覚えたり、大きな挫折感を抱くこともあります。

 

このほか、離婚、定年退職、引越し、身体疾患や事故による入院、手術など、こころを揺り動かす出来事をあげればきりがありません。

さまざまな出来事に呼応して気持ちに振幅が生じるのは、ごく自然なことといえるでしょう。

ただし、こころが受けたダメージがあまりに大きいと喪失感や失望感、不安といった感情がいつまでも続いてしまい、うつ状態におちいりやすくなるのです。

このように、気分障害、特に軽症うつ病は生活上の変化をきっかけに発症することが多いものです。

原因となる精神的ストレスがはっきりしているケースは反応性うつ病ともいわれます。そのストレスからの回避が、反応性うつ病の治療の大きなポイントとなります。

 

≪喜ばしいできごともうつ病の原因になる≫

うつ病の要因となるのは、別離や失職といったつらい出来事(喪失体験)ばかりではありません。

結婚や妊娠・出産、入学、就職、昇進、栄転、家の新築、開業などの喜ばしい出来事(獲得体験)が発症のきっかけとなるケースもみられます。

一般に幸福ととらえられる出来事も、それまでの生活パターンや人間関係が変化するという点では、喪失体験と同様、大きな精神的ストレスとなるのです。

 

また、「望んでいたマイホームをやっと手に入れた」「長年、介護してきた老親が亡くなった」「子どもが独立した」といったように、それまで背負ってきた「荷」が軽くなり、ほっとしたときにも、軽症うつ病を発症しやすいものです。このようなケースは「荷下ろしうつ病」などと呼ばれています。

 

千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では、 心療内科の治療も行っています。

どうぞお気軽にご相談ください。