うつ病の症状が急激に変化することはめったになく、一進一退を繰り返しながら快方に向かっていきます。

「必ず治る」と信じて、あせらず治療に取り組むことが大切です。

 

≪病状は6つの段階をたどって少しずつ改善する≫

うつ病は、発症から回復に至るまでに、大きく分けて6つの段階を経ていきます。

各段階の中で、少し改善してまた悪化することを繰り返しながら、徐々に次の段階へ移行します。

 

各時期の説明をしていきましょう。

 

【段階①】

第1の段階はうつ状態があらわれ始めた時期をさします。心身のエネルギーが次第に失われ、心と身体どちらかに傾いた症状があらわれてきます。

精神面では根気が続かず、集中力や決断力も低下して、仕事や家事がふだんのようにはかどらなくなります。

「こんなはずはない」とあせりや不安を覚えることもありますが、多くの人は「一時的なものだろう」と放置しがちです。

早朝に目が覚め、疲れはなかなか抜けず、食欲も低下してきます。

からだの各部の痛み、動悸、下痢、のぼせなどの身体症状だけが自覚されたり、不安や緊張がつづいて高血圧になることもあります。

 

【段階②】

抑うつ気分が著しくなってくる第2の段階では、心身の両面に症状がはっきりとあらわれてきます。

考えがまとまらず、ぼんやりとして、もの忘れが目立ちはじめます。

劣等感や強い後悔の念にとらわれたり、気分が激しく揺れ動き、突然焦りや不安が生じたり、腹立たしい気分におそわれるケーも見られます。

十分に眠ることができず、からだのだるさや疲労感が残ってしまい、食欲不振のために体重が次第に減り、性欲も減退します。

 

 

 

※段階③以降は次回にご紹介します。

千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では、 心療内科の治療も行っています。

どうぞお気軽にご相談ください。