うつ病では、からだにもさまざまな不調があらわれてきます。

とくに睡眠や食欲、性欲といった、本能的な機能に支障をきたすようになる点が特徴的です。

 

≪寝つきが悪く早朝に目が覚める≫

身体症状のうち、もっともよくみられるものは睡眠障害です。

とくに不眠は必ず現れるといってよいでしょう。

といった訴えがよく聞かれます。

なかでも、早朝に目が覚める早朝覚醒という症状はうつ病に特徴的です。

また、すっきりと目が覚めず、疲労感が残ってしまい、布団から出ようという気がなかなかおこりません。

夢をたくさん見るようになり、熟睡感が得られないケースもあります。

 

「自殺してしまいたい」という思いは、ひとりでいる時に突然起こりやすく、とりわけ明け方に目覚めて寝付けずにいる時に強まる傾向がみられます。

不眠とは反対に、眠り過ぎてしまう過眠になる人もいます。

夜間、十分に眠っているにも関わらず、昼すぎや、時には夕方まで目が覚めないこともあります。

それでもきちんと眠った気がせず、疲労感は残ってしまいます。

 

≪食用が低下して体重も減ってくる≫

うつ病では、食欲の変化も目立ってきます。食欲がなくなり、食事の回数や量が減るため、体重が1ヶ月で4~5㎏減少するケースも見られます。

急激に痩せてしまうため、周囲の人が癌などの身体疾患ではないかと心配して受診をすすめ、うつ病と診断されることもめずらしくありません。

鉱物を口にしてもおいしく感じられず、「味気なくて砂を噛んでいるようだ」と訴える人もいます。

食欲不振とは反対に、食欲が異常に高まることもあります。

ごはんやパンといった炭水化物食品を過食したり、これまで甘党ではなかった人が、チョコレートや大福などの甘いものを多くとるようになる傾向がみられます。

薬物療法によってうつ病が回復する過程で、甘いものの過食が一時的にあらわれることもあります。

 

千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では、 心療内科の治療も行っています。

どうぞお気軽にご相談ください。