うつ病では、心のエネルギーが欠乏しているため感情や意欲、思考の面に、普段のその人とは明らかに異なる変化が生じそれが行動にもあらわれてきます。

 

≪憂うつでふさぎ込んだ気分がつづく≫

うつ病の人の心の状態を言葉で言い表すとすれば、「気分が重い」「気が滅入る」「沈んでいる」「気が晴れない」「落ち込んでいる」・・・。

自分からはっきり「憂うつ」と表現することは意外と少ないようです。

うつ病特有の押さえつけられてもの憂い気分を「抑うつ気分」といいます。

誰でも一時的に憂鬱な気分になることはありますが、うつ病の場合には抑うつ気分が数週間から半年、時には1年以上と長期にわたって続くのです。

不安が強いと「イライラしていてもたってもいられない」という状態になることがあります。

特に老年期のうつ病では激越型といってふさぎ込むより、体の不調などをしつこく訴えたり、落ち着きがなくなるケースが見られます。

また、もの悲しくさみしい気分にもなります。

自分自身を過小評価して劣等感を抱いたり何をするにも自信がなく、失敗を過度に恐れるようになることもあります。

理由もなく後悔の念にさいなまれ、「周囲に迷惑ばかりかけてしまった」と自分を責めるケースも見られます。

さらに、物事を悪い方に考え、時に絶望的な気分に陥ってしまいます。

「生きていても仕方がい」と思い詰め、実際に自殺を図ることもあるのです。

 

千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では、心療内科の治療も行っています。

どうぞお気軽にご相談ください。