≪ストレスがからだの不調を引き起こす心身症≫

こころとからだは深く影響し合っています。

過度の精神的ストレスが続くと、からだの病気を招くこともあるのです。

身体疾患の中で、精神的ストレスが発症や経過に大きく関わるケースを心身症とよんでいます。

心身症という固有の病気があるわけではなく、さまざまな身体疾患の中で心身症というグループに属する病気があるということです。

心身症の側縁をもつ病気としては、顎関節症、本態性高血圧、狭心症と心筋梗塞、気管支喘息、胃・十二指腸潰瘍、片頭痛、アトピー性皮膚炎など、実にさまざまなものがあげられます。

 

≪症状のあらわれ方に相違性がみられる≫

こうした病気によってあらわれる症状の多くは、うつ病に伴う身体症状としてもしばしば見られます。そのため、とくに「仮面うつ病」と心身症の判別は容易ではないのですが、両者にはいくつかの違いがあります。

うつ病であらわれる身体症状は、全身倦怠感や睡眠障害など、全身に及ぶものが多いのですが、心身症でおこる症状はほとんどの場合、消化器や循環器といったように、一つの器官にとどまっています。

からだの不調を訴えて検査を受けたとき、うつ病ならば身体的なトラブルは見出されません。

ところが心身症の場合、本来は身体疾患ですから、どこかに目に見えるかたちのトラブルが発見されます。

また、うつ病の治療ではうつ状態の軽減が主眼となり、からだの症状については必要に応じて対処しますが、心身症の場合はまず身体の症状にアプローチしていきます。

ただし、心身症は精神的なストレスがかかるたびに再発しやすので、心療内科や精神科と連携しながら治療を進めることになります。