うつ病では心身両面に症状があらわれますが、からだのだるさや不眠といった身体症状が前面に出て、一見うつ病とはわからないケースもあります。

 

≪身体症状ばかりが強くあらわれる≫

うつ病になると、気分が沈む、意欲や興味が減退するといった精神症状が生じるだけでなく、からだもさまざまな変調をきたします。

身体面の症状ばかりが強くあらわれるために、精神面の症状がほとんど気付かれないケースを「仮面うつ病」とよんでいます。

診断の決め手となる抑うつ気分が、身体症状という「仮面」でおおわれてしまい、うつ病の「素顔」が見えにくくなっているのです。

うつ病を発症すると、まず身体症状があらわれ、精神面の症状がそれに続発するケースも多く見られます。

仮面うつ病では専門医の診察によって、はじめてこころも変調をきたしていることが明らかになります。

精神症状のほとんどは軽症なため、本人は自覚されにくいのです。

うつ病で生じる身体症状としては、睡眠障害、食欲の減少、性欲の減退などがあげられます。

仮面うつ病ではこれに加えて、全身倦怠感、頭痛と頭重、腰痛や胸痛といったからだの各部の痛み、肩こり、動悸、のぼせ、発汗、微熱などがあらわれやすいようです。

身体症状が、実はうつ病の中核症状であるケースも少なくありません。

 

≪ほかの病気と区別されにくい仮面うつ病≫

近年、仮面うつ病が増えてきているといわれます。

その理由として、まず軽症うつ病そのものが増えている点があげられるでしょう。そしてもう一つ、身体症状は自覚されやすいので、診察を受ける頻度が高いという点です。精神面の漠然とした症状は、見過ごされがちなのです。

仮面うつ病では、身体症状が目立つことから、本人も周囲の人もからだの病気だと思い込み、大抵は内科を受診します。あえて尋ねられなければ、抑うつ気分や意欲減退を訴えません。

いくら検査を受けても、器質的なトラブルは特に見つからず、自律神経失調症や更年期障害、心身症と診断されることも少なくないようです。

内科で治療を受けても症状はなかなか改善しないため、誤診を疑い、次々と医師を変えるケースもみられます。

精神科では仮面うつ病と思われるとき、抗うつ薬を少し投与して経過をみることがあります。これを、治療的診断といいます。薬が効いて症状が軽減すれば、身体症状の背後にうつ病が隠れていたことが明らかになるわけです。

 

千葉市稲毛区にある轟はり灸治療院では、心療内科の治療も行っています。

どうぞお気軽にご相談ください。