来談者中心療法基本技法体験講座

 

心理学・・・科学的根拠に基づいた心の科学

学術心理学

1、 基本心理学

発達心理学、社会心理学、生理的心理学など

2、 応用心理学(臨床)

基礎心理学を基に臨床で活動できる心理学

来談者中心療法=カウンセリング

 

<心理カウンセラーの基本的態度>

1、 純粋性

2、 無条件の肯定

3、 共感的理解

4、 ラポール・リレーション

 

受容

言語的コミュニケーション(文字、手話、筆記など)

非言語的コミュニケーション(身振り、視線、態度など)

カウンセラーの観察が重要

 

傾聴

質問

1、クライアントのラポール・リレーションの形成

2、カウンセラーの興味・関心で行わない

3、質問の多用はNG

4、質問の理由や原因を追究しない

開かれた質問  yes or no はっきり言えない

閉された質問  yes or no 答えられる

 

質問の5W1H・・・いつ、どこで、誰が、どうしたか、なぜ、どのように感じましたか

再陳述(繰り返し)

事柄・感情 ⇒ mix

事柄と感情の繰り返し

感情の反射と明確化

本音・・・Aさんに声をかけなかったから

要約・セッション

支持 ⇒  プラスになることを支持する

など、鍼灸心理士として必要な項目です。