a0001_017604

誰もが経験がある物忘れ。しかし老化とともに物忘れが多くなると、認知症の心配もでてきます。

物忘れや認知の予防するためには、普段の生活の在り方が大切になってきます。脳波、使えば、使うほど活性化するとも言われています。

 8

脳に刺激を

絵手紙や俳句など、作りだす作業が脳の活性化に良いようです。また、趣味や旅行などを通じて、積極的に人と接することも大切です。

 

運動する習慣

運動している人は認知症になりにくいといわれていますが、足腰が弱ってくると、店頭してしまう恐れがあります。

骨折や寝たきり、または頭部を打撲してしまうと大変危険ですので予防のためにも適度、かつ適切な運動をしましょう。

 

快適な生活を

ストレスを抱えない、常に前向きな姿勢を保つことが、認知症の予防につながります。いつも明るい気持ちでいられるように心掛けましょう。

 

鍼灸治療は脳の血流を増やし、血行を良くし認知予防にも効果があります。当院では認知予防の治療も行っています。

詳しくは、ご相談ください。