新大久保の韓国料理店で焼き肉を・・・

006

豚肉の栄養価値について

タンパク質と脂肪

豚肉は必須アミノ酸をバランスよく豊富に含み、吸収効率にも優れた良質のタンパク質源です。
豚肉のタンパク質が病気予防に効果があります。
また豚肉の脂肪は酸化しにくいため、効率のよいエネルギー源となります。
コレステロールもその一種で、体内の細胞膜を構成する大切な脂肪です。
豚肉に多く含まれる飽和脂肪酸のステアリン酸や一価不飽和脂肪酸のオレイン酸は、
血清コレステロール値を下げたり、必要以上に上昇させない作用があります。

豚肉はビタミンB1が多い。

ビタミンB1はスタミナのもとになる重要な栄養素です。
豚肉にはビタミンB1が数倍も含まれており豚肉100gを食べるだけで、1日の必要量を満たすことができます。
加熱しても壊れにくく、体内での吸収効率に優れています。
成長を促進するビタミンB2、抗酸化作用があり若さを保つといわれるビタミンEは、豚レバー中に多く含まれます。
そのほか、体を構成し代謝を調節する働きがあるカリウム、リン、イオウなどのミネラルも豚肉に多く含まれています。